弁護士でも破産する人がいます。

人の借金整理をする仕事をするはずの弁護士さんですが、その弁護士さんも破産する人が少なくないそうです。
弁護士と聞くと頭が良くて借金をしたとしても計画的に返済できるイメージなんですが、まさか自己破産する弁護士さんがいるなんてちょっとビックリしました。
でも、弁護士さんで自己破産した場合には多分しばらく弁護士の仕事はできないそうですね。
免責が降りるまでしばらくは「士業」としても仕事はできないようになっています。
この免責ですが、自己破産の場合には割りとすぐに免責が下りるようになっています。
免責が下りるまでの約1か月間はとても生きた心地はしないとおもいますが、これさえ乗り切れば晴れて自由になりますもんね。
ちなみに弁護士でも破産する場合、裁判所との面談が数回あるなど、少し重い採決になるようです。
しかし弁護士さんが借金で裁判所から呼び出しがあったりするのを想像するだけで結構おもしろそうですね。
ちなみに弁護士は自分以外の弁護士を立てなければならないので、やはり丁寧で信頼できる仕事をされる弁護さんはきちんと選ばないといけませんね。