エステサロンを流行らせるためにお客のニーズに敏感

エステサロンの数について考えてみたことがあるでしょうか?
エステサロンの開業には、お金さえあれば良いので、数多くのエステサロンが世の中にはあります。
ですから差別化を図っていかないなら、あっという間にお客様が離れていってしまい、倒産してしまう可能性もあります。
誰でも参入できるような業界で、残っていくのは、口でいるほど簡単な事ではありません。

ではどんな事に注意しなければならないのでしょうか?
それはお客さんのニーズに敏感であることです。
お客様の性格やエステサロンに求めることは千差万別です。
ですから、「こうやったサービス」であれば、お客様の心を掴むことができるというような、万人に受けるようなものがあるわけではありません。

しかし1人1人のニーズに敏感である必要はあるでしょう。
例えば、どんなアロマの香りが好きなのか、そもそもアロマを好きなのか?
スタッフに話しかけられる方が好きなのか、それともほとほどの距離を保った方が良いのかという点です。
こうした点は、実際にお客様に聞いてみなければ分からないことなので、アンケートは重要になるでしょう。